職人の技術とキャンパーのアイディアが融合!

お客様からの要望でもあった 「お洒落で人と被らないアウトドアレザーグッズ」作りに着手し、あると便利な「薪バッグ」に職人の技術とキャンパーのアイデアを取り入れて開発。 職人目線だけでなく実際にキャンパーが使いたくなる、キャンプをより楽しんでいただけるデザインと機能性を目指ました。 出来上がった本商品は1つで3役!これ1つで薪集め、薪運び、焚火など様々なシーンで活躍します。

 

 

多機能薪バッグの3つの使い方

 

使い方1:薪バッグとして


重たい薪を運びますので薪を収納する面の素材は丈夫な帆布を使用しました。 そしてハンドル部分のレザーはベルトに使用される強度の高いレザーを使用していますので持ち手部分の強度も抜群。運びやすいように肩にかけられる長さにしてあります。
薪はそのまま持ち運ぶと汚れが付いたり、ささくれで手を怪我してしまったり。
そんな時に活躍するのが本商品の薪バッグです。

使用しない時はくるくる丸めて簡単に収納でき、コンパクトな見た目になります。
せっかく楽しいキャンプなのですから今回は見た目にも拘り、「レザー」×「帆布」を組み合わせてお洒落なデザインに仕上げました。

 

 

使い方2:薪集めの時にも活躍

実際に焚火をする際、焚き付け用の小枝を周辺で拾い集める事も多いのではないでしょうか?
その際にこちらの薪バッグを首から下げるスタイルに変えると拾い集めた小枝の運搬が非常に楽になります。
使いやすさを考慮し、内側に持ち手をお付け致しました。 ハンドルもしなやかさがあるレザーなので首にかけた時の違和感も軽減されます。一度に多量の小枝を持ち運べますし、ささくれや虫などによる手指の怪我防止にもなります。
また、縦に向けた時も胸ポケットとして使えるように、ポケットの開口部を斜めにカット。これもキャンパー発のアイディアです。

 

 

使い方3:持ち手のレザーを付け替えるだけで、周りと差をつけるお洒落なサロンエプロンに

日常では味わえない体験が出来るのがキャンプの楽しさのひとつ。 だからこそ普段使わないエプロンを使ってみて欲しいのです。
ファッション性を重視した、腰に巻くサロンエプロンスタイル。 スタイリッシュでお洒落な見た目はこなれたベテランキャンパー感を演出してくれます。ファッション性だけでなく実用性も加味し、深めのポケットを2つお付けしてますのでキャンプに使う工具などもばっちり収納できます。
エプロンをする理由はファッション性や実用性だけでなく、
  • ポケットに小物を入れて紛失防止に
  • 火の粉から衣服を守る
  • 油はねや水はねから衣服を守る
などたくさんのメリットがあります。 

 

 

こだわりのポイント

1:世界に誇る国産名革「栃木レザー」


持ち手や、本体のアクセントに使用している革は植物タンニンなめしの栃木レザー。 ハードな使用にも耐える、ヌメ革の中のヌメ革です。 最初は素仕上げのマットな質感ですが、お手入れや使い込んでいただくことでツヤを帯びていき、味わい深い経年変化が楽しめます。 革も帆布も国産を使用し、とことん【MADE IN JAPAN】にこだわりました。

 

 

2:裏表で厚みを変えた生地使い

バッグ側には厚みのある帆布、内側のエプロン部分には目の詰まった薄い帆布を裏表に合わせています。
薪に触れるエプロン側には木くずなどが付着しますが、生地目が詰まっているため、ごみが生地に入り込むことなく、軽く払い落とすだけで落とすことができます。

 

 

3:使わない時は小さくたためます

くるくると丸めるように畳んでベルトを巻けば、約10cm×43cmのコンパクトサイズに。

 

 

4:革工房b3Laboの「とことん修理対応」

b3Laboでは、製品を長年使っていただいたことに感謝し、修理代金には利益を乗せることはせず、実費+送料のみで修理対応しております。 今回の薪バッグも、パーツ欠損やほつれ、破れも諦めずに店舗や工房までお問い合わせください。
 

 

 

開発の鍵となったキャンパーのリアルな声

試作段階からの率直な声を反映、そして生まれた完成品

薪バッグの企画・開発には様々な困難がありました。 特に、ナイロン製の薪バッグが安価に手に入る現状、革と帆布を使う時点で値段で勝負することは不可能です。 そこで、実際のキャンパーの方々はどういった部分に重きをおいておられるのか、サンプルをお送りして忌憚のないご意見を頂き、修正を重ねて今の姿が決定しました。

びっくぼさん(@biggvo_) ブログ「魅惑のキャンプ」https://bigvo.net/camp/

ジョニーOKURAさん(@johnny0095) 

tanakiさん(@tanaki) You Tube チャンネル→tanagraph

Naoさん(@steppy88camp
(順不同・許可をくださった方のみ掲載しております。) 協力してくださった皆様に、本当にありがとうございました。 皆様のもとでb3Laboの薪バッグが長くお役に立てますように。

 

 

雑誌にも掲載されました


yamassoさん(@yamasso)のご紹介により、雑誌「実例キャンプスタイルブック」に掲載していただきました。
名だたるキャンパーのお気に入りギアをひとつひとつ紹介するムックです。

yamassoさんによるご紹介はこちらにも。

その他のメディアでも紹介していただきました



2021/09/07 財経新聞
2021/09/07 朝日新聞デジタルマガジン&
2021/09/07 ロイター.co.jp
2021/09/07 zakzak
2021/09/07 woman.excite
2021/09/07 SANSPO.COM
2021/09/07 SankeiBiz
2021/09/07 excite.ニュース
2021/09/07 BIGLOBEニュース
2021/09/07 @nifty ビジネス
2021/09/07 ニコニコニュース
2021/09/07 LINEニュース
2021/09/12 So-netニュース
2021/09/12 livedoor
2021/09/12 IT NEWS
2021/09/12 Infoseekニュース
2021/09/12 au Webポータル
2021/09/12 &GP
他、多数掲載していただきました。

 

 

使い方

1:薪バッグとして使う場合

 

2:エプロンとして使う場合

 

 

 

Gallery

素敵な写真をご提供いただいたものです。